基本のかがり方

ここでは、糸をかがる際の基本をご説明します。
この図では、進行方向はいつも右向きになっています。

1.糸のはじめ

hari1.jpg 適当なところから針を刺し、印のところから出します。玉結びはせずに、糸の端は出したままにしておきます。
hari2.jpg 糸を出した根元にまた針を刺し、ほんの少しだけ布をすくって出します。
進行方向へ向かって針に糸をかけて、引き抜きます。
hari3.jpg ゆびぬきの帯の反対側の次の印へ針を刺します。
進行方向へ向かって針に糸をかけてから引き抜きます。
糸が固定されるので、飛び出ている糸の端は、もう切ってもかまいません。
hari4.jpg 糸は常に進行方向へ向かってかけてください。
hari5.jpg 一周してきたところです。
はじめの印のすぐ隣、進行方向側へ針を刺します。

2.糸を終わります

hari7.jpg 糸の根元へ針をさし、適当なところへ出します。
hari8.jpg 綿の中を何度かくぐらせると、糸が抜けなくなるので鋏で切ります。
玉結びは必要ありません。

3.糸を休ませる

hari6.jpg 別の印を使って糸をかけるときなど、一時的に糸を休ませるときは、そのままだらりとぶら下げておきます。

4.糸を継ぎ足すとき、色を変えるとき

まず、2の要領で糸を終わります。
その次に、1の要領で続けたいところへ針を出し、続けます。


いかがですか?基本のかがり方は、これでおしまいです。
うろこ模様や青海波の模様はこのかがり方で作っています。
よろしかったら作ってみてください。


■HOME■